今回はベンツG350のスペアタイヤカバーとリヤフェンダーの修理になります!

スペアタイヤカバーには複数のヘコミ修理と、リヤフェンダーはこぶし程度のヘコミの修理です。

ヘコミを専門の機械で引っ張って出してからパテを盛ります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パテ修正完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓の

マスキングをして下地サフェーサー吹き付け!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサーの水研ぎと塗装面の足付け作業をします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はオプシディアンブラックで、カラーコード197になります!

リヤフェンダーはスポンジテープで上手くマスキングを行い、最小限の範囲で塗装をしていきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スペアタイヤカバーの中央部分の付属品はゴムのような素材で塗装が出来ないので、マスキングをしてから塗装しています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

取り付け作業、磨き作業、洗車作業を終えて完成です!

リヤフェンダーは最小限の範囲で修理をしましたが、分からないくらいに直す事が出来ました!

ゲレンデのスペアタイヤカバーは車から出っ張っているので、駐車場が狭かったりするとぶつけてしまうのは分かる気がしますね、、、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓