今回はテスラモデル3のリヤフェンダーとリヤバンパーの修理になります!

リヤフェンダーの損傷がかなりひどく、べっこりと凹んでしまっています。

リヤフェンダーは溶接留めとなっているので、パネル交換してしまうと修復歴ありとなってしまうので、板金修理で対応させて頂く事になりました。

*酷い損傷の場合は損傷の程度や部品代等を考えて板金修理可能か判断しております。

裏からヘコミを押し出したり、専用の機械を使用してヘコミを引っ張り出し、ハンマーで形を作っていきます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ある程度形が整ったらパテを盛ります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パテ修正完成!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキングを行い、下地サフェーサーを吹き付けます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサーの水研ぎと塗装面の足付け作業をします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキング完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はパールホワイトでカラーコードPPSWになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

磨き作業、洗車作業を終えて完成です!

リヤフェンダーの損傷はかなりひどかったですが、板金箇所が気にならないくらいに仕上がりました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓