• 投稿公開日:2022年11月10日
  • 投稿カテゴリー:BMW / 修理事例

今回はBMW320iGTのフロントバンパー修理になります!

損傷はエグレ傷でフォググリルが少し外れてしまっていたのでバンパー脱着修理の予定でしたが、外側からフォググリルをはめる事が出来たのでバンパー脱着せずに部分修理で対応する事になりました。

写真だと分かりづらいですが、多少バンパーが切れてしまっていたので、バンパーを溶かして切れている部分をくっ付けてからパテ修正をしていきます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パテ修正完了!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下地サフェーサー吹き付け!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサーの水研ぎと塗装面の足付け作業して、塗装ブースに移動します!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキング完了!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はソリッドのホワイトで、カラーコード300になります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

磨き作業、洗車作業を終えて完成です!

今回はバンパーが切れてしまっていた為、もしディーラーで修理するとバンパー交換になってしまい、修理費用は30万円くらいは掛かってしまいます。

弊社ではバンパーを外さずに部分修理で対応出来たので、修理費用はかなり抑える事が出来ました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓