今回はジープグランドチェロキーのリヤドアの修理です。

見ての通りかなり損傷がひどいので当然交換という状況でしたが、グランドチェロキーの新品リヤドアが15万もするみたいなのでどうにか板金修理をして安く修理費用を抑えたいと言う事でした。

新品のように板金修理で仕上げるのは難しいので、多少の歪み等は気にしないと言う事だったので板金修理でお受けしました。

まずは専用の機械でヘコミを出して元の形を取り戻す作業です。

ある程度元の形になりましたね!

これだけでも結構時間はかかりますが、これからもっと大変なパテで形を作る作業をするのでパテを盛って削ってのループにはいります、、、

はい!

簡単に板金終わって下地サフェーサーも入れました!

というのは冗談で、そんな訳もなく大変過ぎたのでただ板金作業中の写真を撮り忘れました、、、

まだ完成していませんが結構いい感じに直ってるんじゃないでしょうか!?

色はソリッドの白で全面に色は塗らずにボカシ塗装を行います!

ソリッドの白でも色の違い等はありますのでボカシ塗装を行なっていきます!

クリア塗装です!

写真で見ただけでは板金したか分からないくらいまでに仕上がりましたね!

完成です!

どうでしょうか!?思ってたより綺麗に仕上がったなと思われた方は多いんじゃないでしょうか?

細かな部分を指摘されたら何も言えませんが全体的にはかなり綺麗に仕上がったと思います!

アメ車の部品はベンツやBMWのハイクラスくらい部品の高さです、、、

アメ車乗りの方々お気をつけください。