• 投稿公開日:2018年7月4日
  • Post category:修理事例

今回はホンダCR-Vの修理です。

[作業内容]

・フロントフェンダー修理

・ボンネット修理

・バックドア修理

・モール類マッドブラック塗装

・ボディコーティング

今回はトラブルもありものすごい大変な修理になりました。

写真だと分かりづらいですがこの車は細かなキズ等がたくさんあり、そしてボディーの艶も完全になくなってしまっている状態でした。

なのでボディー全体を磨きコーティングを行いその際にヘコミ等の修理して、艶無しモール部分もマッドブラックに再塗装を行い車全体をピカピカにするという作業です。

まずはキズやヘコミの修理をしていきます。

ここまでは順調に作業出来ていました。

そしてこの後からトラブル発生です。

そしてコーティング前の洗車作業を行い、その後磨き作業をしてみたらなんと全く磨けないという状態になりました。

どういう事かというとポリッシャーで磨いても磨いても新車時にやったであろうコーティング剤がコンパウンドと絡んで全く磨けないという状態でした。

ちょっと分かりづらいと思いますが簡単に言うと普通は磨けば汚れが取れて艶が出ますが、この車はこびりついたコーティングがかなりしつこく絡んできて磨きで落とす事ができず全く艶が出ません。

そしてめちゃくちゃ頑張って磨いても結局落とす事が出来なかったので色々考えた結果クリア塗装をしてしまおう!という決断です。

もちろん塗装料金はいただいていません、、

弊社も受けてしまった仕事だからどうしても綺麗に仕上げたかったのでクリアの全塗装を行いピカピカにしようという決断でした。全体一気には塗装出来ないので数回に分けてクリア塗装を行いました。

最初が艶無さすぎたせいかクリア塗装をしたら別の車かのような仕上がりになりました。マッドブラック塗装の作業途中です。

まだ若干艶があるのはまだつや消し剤を塗装していないからです。小物も色んな台を使いいっぺんに塗装を行います。

ほぼ全塗装ですね。。。

写真はありませんが磨き作業、取り付け作業、洗車作業、コーティング作業を全て行い完成です!

めちゃくちゃ大変な作業でしたが見違える程綺麗になったので満足です!

今回の車のように新車時にコーティングをして手入れをあまりしないで何年も経ってしまうと汚れが積み重なり塗装の艶がなくなり磨いても元に戻す事も出来なくなってしまいます。

業務用の一般的なコーティング剤ではこんな事ありませんが、ディーラーで使用してるコーティング剤が良くも悪くも強力だからこのような事態に陥ったと思われます。

弊社でも艶がなくなってしまっている車はたくさん見てきて磨きづらいという事も知っていたのですが、実際にちゃんと磨いてコーティングするという事をしたことがありませんでした。なので弊社にとっても今回の作業はとてもいい勉強にもなりました。

修理費用はこちらになります

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今回の修理費用にクリア塗装の料金は含まれていません。(板金塗装した料金は含まれます)

作業内容が多いので見積書が2枚なります。

コメントを残す