• 投稿公開日:2018年7月5日
  • Post category:修理事例

今回はトヨタアルファードのエアロ取り付けと塗装です。

ギャルソンDAD「デーアーデー」のエアロ取り付けです。今回はトヨタ純正新品のフロントバンパーを購入してDADのエアロを取り付けることになりました。まずは塗装をする前にエアロの取り付け加工を先に行います。

塗装後に加工作業をしてしまうとエアロをキズつけてやり直しになる恐れがあるので加工作業を先にやります。

社外エアロなのでぴったりとはいきませんが1番いい位置を探して慎重に穴あけ加工を行います。パーツが多すぎて置いて塗装することは出来ないので、今回はパーツを吊るす棒を作って全部いっぺんに塗装出来るようにセッティングしました。

ちなみにこれから塗装するのではなく下地サフェーサーを吹き付けます。

エアロパーツ類の素材は下地をしっかりしないと、後から艶が無くなったり細かなキズが残ったりして綺麗に仕上がりません。サフェーサーを吹き付けて乾燥させたら綺麗にサフェーサーを研いでいきます。

サフェーサーはしっかり研いでツルツルにします。ザラザラな部分が残っていたりすると仕上がった時にザラザラに仕上がってしまう事があるので丁寧に研ぎます。

そしてサイドとリヤのエアロも塗装前にしっかり調整を行い取り付け位置を決めます。この作業が終わったら塗装になります。塗装のセッティングが出来たのでこれから塗装です。

塗装しやすいように考えながらセッティングするのでこれだけでも結構時間がかかります。

色は2コートソリッドのブラックです。

いい感じに仕上がっています。

フロントバンパーにエアロを取り付け、組み替え作業も行いました。

穴あけ加工と調整も終わっているのであとは残りのエアロを全部取り付ければ完成になります。完成です!

社外エアロの場合は作りが大雑把なのでボディーと合わなくて取り付け出来ない場合がありますが今回は上手く取り付ける事が出来ました!

今回の修理日数は1週間です!

[修理費用はこちらになります]

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*社外エアロの取り付けはエアロによってものすごい大変な場合があるので料金見直しの可能性あります。

コメントを残す