今回はベンツe220dのフロントバンパーすり傷と割れの修理になります!

すり傷だけではなく下を引っ掛けてしまったようで、バンパーの底が10cm程度割れてしまっています。

バンパーを外して修理を行います!

ここまで切れてしまっていると基本的にはバンパー交換となりますが、今回は下の見えない部分なのである程度直っていればいいと言う事だったので修理させて頂きました。

ベンツのバンパーは15万円(色無し)くらいするので直した方が修理費用はかなり抑えられます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

写真を撮るのを忘れてしまいましたが専用の接着剤でくっつける前に、細い針金のような物をバンパーに溶かして、切れてしまっている部分を繋げてから接着剤を付けています!

すり傷はいつも通りパテ修理となります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

接着剤の箇所も綺麗に削ってからパテ盛り修理しています。

下地サフェーサー吹き付け!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサーの水研ぎと塗装面の足付け作業を行い、塗装ブースに移動します!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキング完了!

塗装範囲はバンパー半分程度で仕上げます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はイリジウムシルバーでカラーコード775になります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

外したパーツの取り付けをして完成です!

がっつりと切れてしまっていたバンパーですが、ほとんど目立たないくらい綺麗に仕上がりました!

切れや割れの修理は、切れている部分をしっかり繋いでから修理しないと、時間が経つとひび割れしてまた切れてしてしまう事があるので、ちゃんとした修理方法で直す必要があります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓