今回はバイクのFRPパーツをブラックとマットブラックのツートンカラーに塗装します!

パーツはタンクのカバーのような物1点とサイドのカバーのような物が2点です。

郵送での対応でしたのでパーツを弊社に送ってもらい、作業完了後返送させて頂きました。

しかしそれが後で大変な作業となってしまいました、、、

お客様のほうで、ブラックとマットブラックの境目の印を付けて送ってきて頂いてます。

わ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ペーパー目や下地が粗いのでこのままだと塗装してもそのまま出てしまうので、一度全体を細目のペーパーで研磨します!

研磨前

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

研磨後

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下地サフェーサー吹き付け!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサーの水研ぎとマスキングを行い、塗装セッティング完了です!

メッシュ部分は艶ありブラックに塗装するのでマスキングはしません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まずは全体をベースカラー(ブラック)+クリヤー塗装します!

見えない裏側もしっかり黒を吹き付けます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

乾燥後、磨き作業を行い第一段階終了で、全体が艶ありブラックで仕上がっている状態です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

次はマットブラックを塗装するので、マスキング作業になります!

マスキングテープでラインを綺麗に引くのは難しく、とても大変な作業です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキングが完了したのでマットブラックの塗装になりますが、ベースカラーのブラックはすでに塗装済なので艶消し剤入りのクリヤー塗装のみ行います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

乾燥後後、マスキングを剥がして完成となります!

マットブラックは磨くと艶が出てしまうので、塗装の際にホコリが付着してしまうと取ることが出来ません。

慎重に作業はしますが、浮遊している見えないホコリを除去するのはほぼ不可能なので多少は諦めるしかありません、、、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

丁寧に梱包して返送します!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

がしかし、数日後返ってきました、、、

理由は、タンクカバーの繋ぎ目のような箇所を修正していなかったからです。

メールのみのやり取りで現物確認をせずの作業だったので、確認作業を怠ってしまいました、、、

なのでこの修正に関しては、送料と修正費用は頂かずに対応させて頂きました。

修正部分(塗装前の写真)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

繋ぎ目部分をサンダーで削ってパテを盛り、サフェーサーを吹き付けました。

マットブラック部分は残しながらとなるのでとても大変な作業でした。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキング完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

艶ありブラックの部分は全面塗装で塗り直しとなりました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

そして2度目の完成です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無事に修正作業が完了して、お客様にも納得して頂けたのでこれで一件落着です!!

やはり現物を確認しながら相談しないと認識の違い等で、作業方法が変わってしまう可能性があるので次回からはなるべく現物確認が必要だと思いました。