今回はベンツGLEのフロントバンパー修理になります!

損傷はやや酷くメッキモールは折れてしまっていてパーツ交換になりますが、バンパーの脱着をせずに対応できそうなのでこのまま修理をしていきます。

何度も修理させて頂いているリピーターのお客様で、いつも高級車の修理ですが細かい事はあまり気にしないという心の広い方なので、作業する側の人間からするととても助かります!

ぶつかった衝撃で膨らんでしまっている箇所を専用のドライヤーで温めてから凹ましていきます。

メッキモールが付く穴も潰れてしまっているので、ある程度もとの穴に戻します

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

損傷箇所をサンダーで削ってからパテ埋めをしていきます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パテ修正完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下地サフェーサーを吹き付けます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

塗装面を耐水ペーパーで水研ぎをして、その後マスキング作業をします!

塗装準備完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はダイヤモンドホワイトで、カラーコード799になります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

磨き作業とメッキモールの取り付け作業をして完成です!

今回の修理はやや損傷がひどくモールの取り付け部分も潰れてしまっていたので通常はバンパー交換となりますが、お客様が細かい事は気にされないという事だったので修理で対応しました。

修理跡も気にならない程度に仕上がったので、お客様にもとても満足して頂けました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓