今回はベンツE250のリアバンパー修理になります!

損傷はすり傷程度で酷くはないのですが、テールランプ下のバンパーが浮いてしまっているのでちょっと悩む作業です。

キズはサンダーで削ってからパテ埋めをします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パテ修正完了!

テールランプ下のバンパーの出っ張りは、バンパーの部分脱着をして、出っ張り箇所を専用のドライヤーで温めて元に戻す作業をしました。

バンパーのキズやヘコミは酷くても直す事は可能ですが、バンパーの歪みや膨らみのような変形は直すのが困難なので基本的にバンパー交換になる事が多いです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下地サフェーサー吹き付け後、耐水ペーパーで水研ぎ作業をします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキング完了!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はカルサイトホワイトで、カラーコード650になります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

磨き作業と洗車作業を終えて完成です!

細かなキズもちょこちょこあったので、塗装箇所はとても綺麗になりました!

リアフェンダーにも薄いすり傷があったので、ポリッシャーで磨いて綺麗になりました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓