• 投稿公開日:2022年11月7日
  • 投稿カテゴリー:BMW / 修理事例

今回はMINIミニクロスオーバーのフロントバンパーのDIY補修になります!

フロントバンパーのすり傷をご自分で塗装までしたところ、色の違い、塗装面のザラザラ、塗料垂れと色々失敗してしまっていたので綺麗に修理する事になりました。

やり直しとなると一度塗料を全て剥がしてから下地を入れて作業となるので、とても大変な作業ですが、バンパー交換よりは費用を抑えられるのでいいかなと思います。

まずはバンパーを外します!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

全て塗料を落とす必要はなく、上っ面のDIY塗装した塗料だけをサンダーで削り落とします!

サンダーで研磨後、下地サフェーサーの吹き付けです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサーの水研ぎと塗装面の足付け作業後、ブースに移動して塗装準備完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はセージグリーンメタリックで、カラーコードC4Lになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

磨き作業後、分解したパーツの取り付けをします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バンパーを取り付けて完成です!

修理跡も気になる事もなく、綺麗に仕上がりました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今回のDIYの失敗は他にもあり、スプレー塗装した際にボディ全体に塗料がかかってしまいザラザラになってしまい、樹脂パーツにも色がかかったり、フォグランプ周辺も結構色が付着してしまっていました。

自分でちょっとした補修をするだけでも大失敗や2次被害の可能性があるので注意して作業して頂ければと思います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓