• 投稿公開日:2018年10月4日
  • Post category:修理事例

今回はBMW118iのフロントバンパーの修理になります。反射してキズが分からないですね、、、

キズは数センチ程度の擦り傷です。

キズは浅いですがしっかりパテは盛ってわずかなキズを埋めます。下地サフェーサーを吹き付けます。

範囲が広くならないように最小限に抑えます。サフェーサーを水研ぎし、塗装面の足付けを行いマスキングをします。

弊社ではこの程度の損傷であれば、バンパー、フォグランプ、グリル等の脱着を行わずにマスキング技術を駆使して作業を行う事が出来ます。

それによって1万円以上(車種によって異なりますが)かかってしまう脱着工賃を抑える事が可能です。色はブラックパールです。

キズの修正部分だけにボカシながら色を吹き付けます。小さく塗装を行う場合は専用の小さいスプレーガンがあるのでそれを使います。イメージでいうとエアブラシのようなスプレーガンです。

そしてクリア塗装は大きくです。完成です!

小さなキズも新品同様に綺麗に仕上がりました!

今回の修理日数は3日です。

修理費用はこちらになります

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す