• 投稿公開日:2021年12月23日
  • 投稿カテゴリー:BMW / 修理事例

今回はリヤフェンダーとリヤバンパーの修理になり、コーティング施工車なので修理後に部分コーティングを行いました!

損傷は軽いヘコミとすり傷になります。

ヘコミを専用の機械で引っ張り出します!

少しのヘコミでも引っ張り出さないと、パテをたくさん盛って修理する事になってしまうので、基本的にヘコミはある程度出してからパティ埋めを行います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パテ盛り!

ちなみにリヤフェンダーとバンパーは密着が変わってくるので、違うパテを使用しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

板金修理完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下地サフェーサーを吹き付けるのでマスキングを行います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサー吹き付け完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下地サフェーサーの水研ぎと塗装面の足付け作業を行います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキングをしていきます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はソリッドのホワイトでカラーコード300になります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

光沢感をしっかり出して塗装を行います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

塗装の乾燥をさせ、磨き後にコーティング施工を行います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

完成です!

バンパーの脱着せずに、部分修理で綺麗に直す事が出来たので修理費用を抑える事が出来ました!

弊社の修理方法は基本的に、最小限の範囲で綺麗に修理するやり方をご提案していますが、ご希望の場合にはディーラーで行うような修理方法でバンパー脱着・分解、テール脱着、バンパー全面塗装という修理方法でも対応は可能です。

9割以上のお客様は当然ですが、安く綺麗に直したいと思っているのでこれからも出来るだけリーズナブルな価格で修理をしていきたいと思います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓