今回はテスラモデル3のリヤフェンダー修理になります!

損傷はこぶし程度のヘコミとなります。

バンパーはキズも無く、外れてもいませんでしたが修理する為に部分脱着しています。

専用の機械でヘコミを引っ張り出してからパテを盛ります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バンパーをはめこんで、フェンダーとバンパーの微調整を行います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

板金が完了したので、マスキングを行い下地サフェーサーを吹き付けます!

サフェーサーに黒っぽいパテが盛られているのはスポットパテで、巣穴のような極小の穴に埋める為のパテです。

たくさん盛ってありますが、巣穴を埋める為だけなのでほとんど落ちてしまいます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サフェーサーの水研ぎと塗装面の足付け作業を行います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マスキング完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はシャスタホワイトパールでカラーコードPPSWになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

光沢感をしっかり出して綺麗に仕上げます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

磨きをして完成です!

色は出来るだけ狭い範囲で塗装しているので、隣接するパネルのボカシ塗装は行わずに仕上げる事ができました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓