今回はフォルクスワーゲンパサートのフロントバンパー交換になります!

フロントバンパーのサイドを引っ掛けてしまったようで、取り付け部分が切れて外れてしまってバンパー中央部分までズレてしまっていました。

バンパー取り外し完了!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新品バンパーはこちらになります!

損傷したバンパーと並べて写真撮っています。

輸入車の新品バンパーは色が付いていないので塗装する事になります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

この新品バンパーはセンサーの穴とナンバー台座の穴があいていなかったので、サイズや位置を測って同じように穴あけ加工をしました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

足付け作業後、塗装台にセッティングします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色はブラックオークブラウンメタリックで、カラーコードPOになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリヤー塗装です!

全面をツヤツヤな仕上げていきます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

塗料乾燥後、磨き作業を行いバンパーの組み替え作業をします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

車体に取り付けをして完成となります!

バンパーの取り付け部分が損傷して切れてしまうと、基本的にバンパー交換となってしまいます。

凹みやキズは結構酷くても修理可能ですが、取り付け部分は修理不可な事が多いです。

外車の場合は、部品代も高額で色無しパーツとなるので、出来る限りバンパー交換をしないで修理の方向で作業出来たらと思っています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓